ここは親と子供でスキーを楽しむコミュニティサイト

[ 家族で行くスキー場 ] - [ 舞子後楽園スキー場 ]


このスキー場に行かなくなってからずいぶん経つ。 別に嫌いだとかつまらんとかではなくて、ただ単純に「最近トンネル越える気力なくって」 というのが原因。反して、行かなくなるまではすごい行っていた。 石打に定宿にしていたところがあったのでシーズンに何遍も行っていた。

長男が1歳の頃に行った。何故このスキー場を当時選んだかというと、 『無料休憩所が日中も使えるから』ということだった。
もともと、深夜クルマを走らせてきて、朝まで仮眠を取る人達のために提供している スペース(休前日深夜は有料)で、こういった施設は他のスキー場にもたくさんあるのだが、 日中もあけているところとなると減ってしまう。
舞子の場合、このスペースを日中無料で提供してくれる。この休憩所ができた当初は 滑り疲れたスキーヤーが横になっていたりしたが、しばらくすると子連れスキーヤーが 交代で滑るための子供とのスペースに変貌した。私の長男が1歳の頃だから4年前で既に そういった状況になったから、今もそうなのではないだろうか。
無料休憩所はかなり広い。カーペット敷きでごろごろするのにも持ってこい。 子供と一緒に昼寝をするにはうってつけである。

スキー場のほうは、舞子側と後楽園側に分かれる。双方に行き来ができるよう 連絡コースが用意されているが、子供には結構大変。舞子と後楽園との駐車場を 走るシャトルバスが走っているので、こちらを利用するほうが楽かもしれない。

先程の無料休憩所は、舞子側のベースにあるフォレストハウス舞子という建物にある。 そして子供が滑るのに中心となる、ファミリーコースや後楽園ロマンスコースは 後楽園側にある。
つまり無料休憩所を利用しつつ子供と滑るためには、どうしてもこの舞子と後楽園との 移動をしなくてならない。バスを待つのがやりきれなくなって、連絡コースから 行こうなんて思うと、連絡コースの途中でへばった子供を見て後悔することにも ならないので注意が要る。スケーティングが自在にできる程度が目安か。

舞子側の一番下は夏は道路の一直線の緩斜面。子供を始めて手放しにするには 良さそうだが、上部の長峰バレーを満喫したスキーヤーがゴンドラにいち早く 乗ろうとクローチングでカッ飛んで行くのと一緒に滑るので後ろは完璧にガード する必要がある。
当初はここは滑る、というゲレンデではなかったのだが、後にこの部分だけを 滑れる舞子ファミリークワッドなるリフトが掛かったので、スキー場側も 「ここはゲレンデ」という意識になったのだろう。今はここで練習する 子供も多いのだろうか。

舞子はどこのレストランも割と美味しい。後楽園ゲレンデにある高原レストランの 高原ランチなんかはボリュームがありすぎて、少食の私なんかは残してしまう程。 マウンテンレストランのスパゲティも美味しかったと思う。

ともかく、私が行かなくなって4年くらい経つので、それまでの話という部分はある。 最近の話を教えていただける方、メールください。

(16-JAN-2001 wrote)

≫ 舞子後楽園スキー場へ[この画面で][別画面で]


| トップへ | 家族で行くスキー場へ |






SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO