ここは親と子供でスキーを楽しむコミュニティサイト

[ 家族で行くスキー場 ] - [ ここでスキーを教えよう! ]

( ひとり立ち編 )


プルークのスタンス、サマにはならないものの何とか自分で止まれるようになった。そうなれば子供は早い。あっという間にできるようになる。
とはいうものの、いきなり自分の大好きなバーンへ、なんてできるはずもない。まだこれから斜面をひとりで滑り始め、ひとりで滑りきる、ひとり立ちをしていかなくちゃ。
最初から斜度を上げるわけにもいかないけれど、今までの平らなところでは練習にならない。そこで、ある程度斜度があり、しかしながら覚えたてのプルークでも止まれるような斜度、そして曲がることがままならないひとり立ち過程のために、ある程度の広さを持つ斜面、コースを集めてみた。


日光菖蒲ヶ浜(栃木県)・菖蒲ヶ浜ゲレンデ

自分で止まれるようになったら菖蒲ヶ浜へ行こう。平均斜度7度の1枚バーンはひとり立ちにはもってこいだ。出だしが少々きつめ(10度強)で、やがてなだらかになる斜面変化は、途中で一旦急になるタイプの斜面変化よりも体に馴染みやすい。朝、何度も止まりながら降りてきた400mの斜面も、帰る頃にはノンストップで滑ってこれるようになるかもしれない。
ここは、ゲレンデと言うよりもこれ自体がスキー場で、リフト1本とこの斜面しかない。もし子供がリフトにひとりで乗れるようであれば、ひとりで滑らせてもいい。400mのリフトに400mの斜面、見えないところがないのが安心だ。

(17-JAN-2002 wrote)

| トップへ | 家族で行くスキー場へ |






SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO