ここは親と子供でスキーを楽しむコミュニティサイト

[ こんな宿に泊まりたい ] - [ 子連れを嫌がる宿、子連れでも構わない宿 ]


温泉旅行ならば旅館が中心、リゾートならホテル。しかしながらスキーとなると中心は民宿かペンション。 子連れを好む好まないはいずれにもあるけれど、その姿勢が顕著に表れるのはやはり民宿やペンションだ。 これはオーナー家族が中心となり自営で経営するスタイルなので当然といえば当然だが、 残念なことに情報を入手しにくいのもこういったタイプの宿泊先である。
脱サラでPCの操作などに一切不安のないペンションのオーナーなんかはWEBサイトを立ち上げていたりするが、 大半は広告すらも出したことがなかったりする。
スキー場ガイドや雑誌などに広告を入れたりするところやWEBサイトを立ち上げているところから埋まっていくのは 必然として、問題はそういった情報のない宿の中から選択しなければならない時。

正直言ってカンである。

これまで私はたまたまというか、極端な失敗をしたことはない。別にそれを見抜く力を持っているとか、 民宿に関する詳細な情報網があるというわけではないから、カンが当たったということになるのだが、 予約の電話をして、怪しいと思い逆に丁重に断ったことも何回かはある。
取り敢えず「小さい子供がいるが問題はないか?」と確認するようにはしている。 その答えが「別に構わない」という程度であれば(特に空いているシーズンなら)やめてしまう。 「周りもご家族連れの方ばかりですから、全く問題ないですよ」と、一声かけてくれると即決してしまう(笑)。

宿の見分け方、確固たる眼力をお持ちの方、ぜひその方法を伝授 してください。

もちろん、どこの宿でも子供を受け入れて欲しいなどという考えは全くなく、 これは経営姿勢の問題であるから子供を好まない宿があるのは正しい。 完全禁煙のレストランがあるのと一緒だ。 困るタイプは、子供を好まないのだが、不景気で家族連れも呼び寄せないと商売にならない、 というタイプ。こういうタイプは見抜いておかないといってから後悔しかねない。 私の考え的には「子供を好まないタイプの宿に迷惑をかけない」 という観点からも、子連れでも構わない宿を選びたい。

(23-APR-2001 wrote)

| トップへ | こんな宿に泊まりたいへ |






SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO